利用規約/特定商取引法に基づく表記

第1条(本規約等)

  1. 利用規約(以下「本規約」といいます)は、Avery Tokyo事務局 (以下「運営者」といいます)が、「Averyのメソッド」(以下「本メソッド」といいます)に基づく提供サービス(以下「本サービス」といいます)について、Avery Tokyoの利用者(以下「利用者」といいます)に適用される事項を定めたものです。
  2. 本規約は、利用者と運営者との間の一切の関係に適用されるものとします。
  3. 運営者は、本規約のほか、個人情報の取扱いに関する方針(以下「プライバシーポリシー」といいます)又は本サービスの運営に関する注意点等を定めたうえで、運営者が本サービスを運営するWebサイト(以下「本サイト」といいます)上に表示することがありますが、これらの表示も本規約の一部を構成し、本サービスを利用するための一体となった規律(以下「本規約等」といいます)であるものとします。なお、運営者は、注意点等は随時変更することができるものとします。
  4. 利用者は、本規約等の全てを遵守し、本サービスを適切に利用する義務を負うものとします。

第2条(利用者登録)

  1. 本サービスの利用者として認められる対象者は、本サービスを通じて真摯に学ぶことを希望する方に限られるものとし、同業又は類似の事業を営む者からの利用申請については、理由の如何に関わらず、一切認められないものとします。
  2. 利用を希望する方(以下「利用希望者」といいます)は、本規約等にあらかじめ同意のうえ、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス等運営者所定の事項を記入し、利用申請を行うものとします。なお、利用希望者は、利用申請について、運営者指定のGoogleフォームによって行うものとし、申請時に運営者が取得した個人情報はGoogleのクラウド内の運営者のフォルダに保管されるものとします。
  3. 前項の申請について、運営者が承認することによって、利用希望者に対して利用者としての資格(以下「利用者資格」といいます)が付与され、利用者としてのアカウント(以下「アカウント」といいます)が発行されるものとします。アカウントについては、1利用者に対して1個のみ発行されるものとし、1個のアカウントを複数人で利用することは、禁止とします。また、1人の利用者が1個のアカウントを使って、複数の機器や端末から同時に本サービスにアクセスすることもできません。
  4. 利用者は、アカウントを厳格に管理するものとし、利用者以外の第三者に貸与、使いまわし、譲渡、名義変更、担保設定等の処分をしてはならず、かかる行為は全て本規約に反する不正行為とみなされるものとします。利用者の故意又は過失によるアカウントの第三者利用の結果として生じた損害については、全て利用者の責任であるものとし、運営者は一切の責任を負わないものとします。
  5. 運営者は、利用希望者に以下の事由があると判断した場合、第3項の承認をしないことがあります。なお、運営者は承認をしない理由について、開示義務を負わないものとします。
    ①第1項に違反する場合
    ②虚偽の事項を届け出た場合
    ③過去に本規約等に違反したことがある者である場合
    ④第7条に違反する場合
    ⑤その他、運営者が相当ではないと判断した場合
  6. 利用者は、運営者の定める退会手続により、運営者が認めたときに、退会できるものとします。

第3条(本サービス)

  1. 本サービスは、以下によって構成されます。
    ①本メソッドをオンラインその他運営者所定の方法で利用できるサービス(以下「オンライン講座サービス」といいます)
    ②個人、ペア、チームの各単位で実施するコンサルティングサービス(以下「コンサルティングサービス」といいます)
    ③オンライン講座サービスの利用修了者による研究室(エイベリーラボ)の運営
    ④その他、本メソッドに基づき、運営者が提供するサービス
  2. 本サービスは、原則として運営者の指定したWeb会議システムを通じたオンライン形式で提供されるものとし、利用者は、以下を承諾するものとします。なお、運営者の判断により、対面で実施する場合もあります。
    ①Web会議システムの提供会社が定めた規律を遵守すること
    ②本サービス開始までに、自己の責任において、必要に応じてWeb会議システム用のアプリケーション等をインストールすること
    ③運営者はWeb会議システムの不具合(通信状態を含みます)等について一切責任を負わないこと
    ④運営者は原則として、Web会議システムに関するサポートは行わないこと
  3. 運営者が本サービスを通じて利用者に提供する一切の資料(以下「提供資料」といいます)の著作権その他の知的財産権(既に第三者に帰属しているものを除きます。以下同じ)は、全て運営者に帰属するものとします。運営者は、利用の承認をもって、利用者に対し、自らの学習に限って提供資料の使用を許諾するにとどまり、著作権その他の知的財産権の譲渡については一切行わないものとします。このため、利用者は、運営者に無断で、提供資料を転載、転用、改変、公表、販売等を行うことは一切できないものとします。
  4. 利用者は、本サービスにおける運営者からの講義、提案、提供、助言、支援等を採用又は実践するかについては、常に自らの責任で決定するものとし、運営者は、利用者のかかる決定の結果に関して、一切の責任を負わないものとします。
  5. 運営者は、本サービスを行うことによって、利用者の事業の成功について保証するものではなく、本サービス及び本メソッドによって得られたノウハウ等に基づき利用者が行った活動の結果(人間関係の変化、事業の収益や集客の増減等を含む)について、一切の責任を負わないものとします。

第4条(オンライン講座サービス)

  1. オンライン講座サービスは、以下のコースによって構成されるものとし、各コースを受講する利用者(以下「受講者」といいます)は、運営者に対し、運営者所定の利用料(以下「利用料」といいます)を銀行振込(振込手数料:受講者負担)その他運営者所定の支払い方法によって、あらかじめ支払うものとします。なお、原則として、受講を希望する利用者による講座の試聴をすることはできません。
    ①Averyベーシックコース(以下「ベーシックコース」といいます)
    ②Averyアドバンスコース(以下「アドバンスコース」といいます)
  2. 運営者は、原則として、受講者への利用料の返還は行わないものとします。ただし、第6項の定めにより中止となった場合は、この限りではありません。
  3. ベーシックコースは、利用者が最初に利用できるコースであり、利用料には、以下の内容が含まれるものとします。
    ①運営者所定の時間及び回数の講座利用
    ②PDF形式の講座テキスト(再受講者は印刷物は別料金)及びAvery Discの配布
    ③運営者所定の時間及び回数の補習会受講
    ④受講者限定自習会への受講
  4. アドバンスコースは、ベーシックコースの修了者のみが利用できるコースであり、利用料には、以下の内容が含まれるものとします。
    ①運営者所定の時間及び回数の講座利用
    ②受講者限定自習会への受講
  5. 各コースについては、いずれも定員になり次第締め切られるものとし、それ以降は、運営者に個別の連絡を行うことでキャンセル待ちをすることができるものとします。なお、定員は、運営者が定め、運営者の判断によって変更することができるものとします。
  6. 受講者の申込人数がコースの最少催行人数に満たない場合、運営者は、当該コースの開講を延期又は中止することができるものとします。なお、最少催行人数は、運営者が定め、運営者の判断によって変更することができるものとします。
  7. 運営者は、開講予定日の1週間前を目途に、開講の可否を決定のうえ、受講申込をした利用者に連絡するものとします。なお、運営者の都合によりやむを得ず休講、日程変更、講師代行等を行う場合は、運営者は、開講日前日の所定の時間までに受講者に連絡するものとします。
  8. 開講後、講座を欠席した受講者は、当該講座の振替利用をすることができません。ただし、当該受講者は、一定期間に限り、講座の録画映像を視聴することができるものとします。
  9. 受講者は、運営者が、欠席者に向けた期間限定の動画配信又は講義内容の今後の制作への活用等のために、講座の録画、録音、撮影等を行うことをあらかじめ承諾するものとします。
  10. 受講者は、以下の事項を行ってはならないものとします。
    ①受講者以外を同伴して講座を利用すること
    ②受講者が講座について録画、録音、撮影等を行うこと
    ③その他運営者及び講座を担当する講師の指示に従わないこと

第5条(コンサルティングサービス)

  1. 利用者は、運営者所定のコンサルティング報酬を支払うことにより、運営者所定の時間及び回数の範囲で、以下のコンサルティングサービスの提供を受けることができます。
    ①プライベートコンサルティング
    ②パートナーコンサルティング
    ③チームコンサルティング
  2. オンライン講座サービスの受講者又は修了者は、運営者所定の優待価格にて、プライベートコンサルティングの提供を受けることができるものとします。
  3. コンサルティングサービスの詳細は、運営者が定め、別途対象の利用者に案内するものとします。

第6条(研究室「エイベリーラボ」)

  1. 研究室「エイベリーラボ」には、オンライン講座サービスのアドバンスコースを修了した利用者のみが参加することができるものとします。
  2. 利用者は、運営者に対し、運営者が定めた会費について、月額払い又は年一括払いによって、運営者の定める期日までに支払うものとします。
  3. ラボラトリーの詳細は、運営者が定め、別途対象の利用者に案内するものとします。

第7条(禁止行為)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
①アカウントを第三者に貸与し、又は複数人で使いまわす行為
②法令又は公序良俗に違反する、又はそのおそれのある行為
③運営者又は第三者を妨害するおそれのある行為
④不正アクセスをし、又はこれを試みる行為
⑤他の利用者に成りすます行為
⑥運営者又は第三者の権利又は利益を侵害する行為
⑦その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為

第8条 (本サービスの中断、停止等)

  1. 運営者は、以下の各号のいずれかに該当する場合、予告なく、本サービスの全部又は一部の提供を中断することができるものとします。
    ①緊急でコンピュータシステムの点検、保守を行う場合
    ②停電、サーバ故障等が発生した場合
    ③コンピュータ、通信回線等に不良がある場合
    ④落雷、水害、風害、地震などの自然による災害又は被害や火災等の不可抗力による場合
    ⑤その他運営者が必要と判断した場合
  2. 運営者は、利用者が本規約等の一つにでも違反するおそれを認めた場合、又は利用者の利用が不適切と判断した場合、予告なく当該利用者に対する本サービスの提供を停止すると共に、以下の対処を行うことができるものとします。この場合において、運営者は既に受領済の本サービスの対価を返金する義務を一切負わないものとします。
    ①利用者資格を喪失させること
    ②その他運営者が必要と判断する措置を行うこと
  3. 運営者は、第1項及び第2項によって利用者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。また、運営者は第2項によって運営者に生じた損害について、利用者及び利用者であった者に対して請求することができるものとします。

第9条(反社会的勢力排除)

  1. 利用者又は利用希望者は、自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動標榜ゴロ又は特殊知能暴力団、その他これらに準ずる者(以下これらを「反社会的勢力」といいます)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
    ①反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
    ②反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    ③自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
    ④反社会的勢力に資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    ⑤役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 利用者又は利用希望者は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
    ①暴力的な要求行為
    ②法的な責任を超えた不当な要求行為
    ③取引に関して、脅迫的な言辞又は暴力を用いる行為
    ④風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は業務を妨害する行為

第10条(免責事項)

  1. 運営者は、本サービスが利用者に及ぼすあらゆる効果又は結果について、いかなる保証も行わないものとし、利用者に生じたあらゆる不利益及び損害については、いかなる責任も負わないものとします。
  2. 運営者は、運営者が一般的なサービス業者として措置する程度のセキュリティ策を実施している場合において、なお回避が困難なウィルスやマルウェア等によって利用者に損害が生じたとしても、いかなる責任も負わないものとします。
  3. 運営者は、利用者の機器や通信回線等の障害、エラー、バグの発生等についていかなる責任も負わず、かかる状況等により利用者又は第三者に生じた損害について、いかなる責任も負わないものとします。
  4. 本規約に定めた運営者を免責する規定は、運営者に故意又は重過失が存する場合には適用しないものとします。また、本規約のいずれかの条項の一部が民法、消費者契約法その他の法令により無効、取消、又は差し止めとなった場合であっても、残部は継続して完全に効力を有するものとします。

第11条(本サービスの変更等)

運営者は、利用者に通知することなく、本サービスの内容を変更し又は本サービスの提供を中止することができるものとします。

第12条(本規約等の変更)

運営者は、本規約の内容について、必要に応じて変更することができます。この場合、運営者が変更後の本規約を所定の場所に公表するものとします。ただし、利用者に不利益が生じる変更については、あらかじめ公表を行い一定期間経過後に行うものとします。

第13条(個人情報の取扱い)

運営者は、本サービスの利用に関する個人情報(利用者の家族や人間関係などの個人情報を含む)の取り扱いについては、プライバシーポリシーに従い適切に取り扱うものとします。

第14条(譲渡の禁止)

利用者は、本サービス契約上の地位又は権利義務を第三者に譲渡し、又は担保に供することはできないものとします。

第15条(秘密の保持)

利用者は、本サービスにおいて知り得たノウハウ、提供資料、アカウントその他の情報及び本サービスで知った他の利用者の個人情報(利用者の家族や人間関係などの個人情報を含む)を秘密情報として取扱い、第三者に漏洩又は開示(SNS等における公表を含みます)してはならないものとします。

第16条(損害賠償)

運営者は、利用者に対して、利用者の故意、過失、本規約違反によって運営者に生じた直接的又は間接的な損害について、損害賠償を請求できるものとします。

第17条(協議)

本規約に定めのない事項、又は本規約の条項の解釈に疑義が生じた事項については、誠意をもって協議し解決をはかるものとします。

第18条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
  2. 本サービスに関して、紛争が生じた場合には、訴額に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに利用者は同意するものとします。

特定商取引法に基づく表記

運営者

Avery Tokyo(エイベリートウキョウ)

運営責任者

石原未紀

運営責任者住所

東京都品川区北品川6-5-26

連絡先

info@avery-tokyo.jp 

※お電話でのお問い合わせをご希望の方は、上記のメールアドレス宛てにご一報ください。

価格・送料

お申込みのコース・講座によって異なります。各詳細は下記URLにてご確認ください。

https://avery-tokyo.jp

代金のお支払い方法

銀行振込

一回払い

     

代金のお支払い時期

代金のお支払い時期については、提供するサービスによって異なります。当ホームページにて掲載しておりますのでご確認ください。

商品・サービス代金以外の必要金額

弊社サービスを利用する際に発生する通信料(パケット通信料)、プロバイダー料金、その他インターネット利用に必要となる費用、及び全ての費用にかかる消費税はお客様のご負担となります。

商品・サービスの提供時期

商品・サービスの提供時期については、提供する商品・サービスによって異なります。当ホームページにて掲載しておりますのでご確認ください。

キャンセル・ご返金について

ご入金後のキャンセル・ご返金・コースのご変更は致しかねますのでご了承ください。 ただし、開講人数に満たず開講中止になった場合は、全額返金致します。

申込み期限

定員になり次第、締め切りとなります。尚、最少催行人数が満たない場合は、講座開始が見送りになる可能性がございます。

販売数量の制限等、特別な条件

クーリングオフについて

特定商取引法に規定されているクーリングオフが適用されるサービスではありません。

定期課金方式の注意事項

契約期間途中の解約となった場合も契約満了日までの料金が発生し、日割生産等による返金を含めた一切の返金は行われません。この場合、サービスも契約満了日まで提供されます。

 

以上