プライバシーポリシー

Avery Tokyo 事務局(以下「運営者」といいます)は、利用者等(本サービスの利用者、利用希望者、利用者の家族や人間関係などをいいます)の個人情報保護の重要性について認識し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)及び国の定めた規範等を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます)に従い、適切な取扱い及び保護に努めます。

1  本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法の定義に従うものとし、その他の定義については、Avery Tokyo利用規約(以下「利用規約」といいます)に従うものとします。

2  運営者は、「Averyのメソッド」に基づく提供サービス(本プライバシーポリシーにおいて「本サービス」といいます)の提供にあたって、以下の個人情報を収集し、利用目的に従って利用いたします。

(1)本サービスの申込受付時における収集情報と利用目的
   A)収集情報:氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス等本サービス利用にあたって利用者等が届け出た情報
   B)利用目的:利用規約に基づき、以下を行うため
【1】  本サービスを提供及び運営をするため
【2】  本サービスにおけるオンライン講座サービスにおいて、利用者の生年月日をもとにした学習、研究等を行うため
【3】  利用者等による登録情報の閲覧、変更、削除等及び利用状況の閲覧を可能とするた
【4】  利用料、コンサルティング報酬その他本サービスの料金の請求及び管理を行うため
【5】  利用者等に本サービスに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため
【6】  利用者等の本人確認を行うため
【7】  本サービスの新機能、更新情報、キャンペーン情報等の案内を行うため
【8】  運営者の提供する他のサービスの案内を行うため
【9】  本サービスの運営に関する事務連絡を行うため
【10】利用規約に違反する行為、不正又は不当な行為に対する対応のため
【11】本サービスの改善、新サービスの開発等に役立てるため
【12】運営者が本サービス又は他サービス展開のマーケティングに向けた分析を行うため
【13】その他、上記利用目的に付随する目的のため
   C) クレジットカード情報の収集、利用、提供等を行う場合は、原則として、運営者が定めた決済事業者が行うものであり、運営者は関与いたしません。

  (2) オンライン講座サービス実施時における収集情報と利用目的
   A) 収集情報:コース参加者の状況を含む講座の録画、録音、撮影情報
   B) 利用目的:欠席者に向けた期間限定の動画配信又は講義内容の今後の制作への活用等のため

  (3) 本サービス提供における収集情報と利用目的
   A) 収集情報:利用者の家族や人間関係などの個人情報
   B) 利用目的:本サービスを通じた学習、コンサルティング等のため

  (4) お問い合わせ受付時における収集情報と利用目的
   A) 収集情報:氏名、メールアドレス、問い合わせ本文
   B) 利用目的:お問い合わせ等への対応のため

3  運営者は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、利用者等の同意を得ず利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。但し、次の場合はこの限りではありません。

  (1) 法令に基づく場合
  (2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、利用者等の同意を得ることが困難であるとき
  (3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者等の同意を得ることが困難であるとき
  (4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者等の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4  運営者は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。

5  運営者は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理を図ると共に、運営者の従業員及び関係者に対し、必要かつ適切な監督を行います。また、運営者は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

6  運営者は、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、あらかじめ利用者等の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。

  (1)運営者が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って個人情報を提供する場合
  (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  (3)個人情報保護法の定めに基づき共同利用する場合

7  運営者は、利用者等から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、利用者等ご本人からのご請求であることを確認の上で、利用者等に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします)。但し、個人情報保護法その他の法令により、運営者が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。

8  運営者は、利用者等から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、利用者等ご本人からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨を利用者等に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、利用者等に対しその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、運営者が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

9  運営者は、利用者等から、利用者等の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由又は偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合において、そのご請求に理由があることが判明した場合には、利用者等ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく個人情報の利用停止等を行い、その旨を利用者等に通知します。但し、個人情報保護法その他の法令により、運営者が利用停止等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

10  開示等のお申出、ご意見、ご質問、ご要望、苦情のお申出その他個人情報の取扱い又は運営者の氏名に関するお問い合わせについては、以下までご連絡ください。

Avery Tokyo 事務局 info@avery-tokyo.jp

11  運営者は、Cookie及びこれに類する技術を利用する方法により、利用者等から、個人情報を収集することがあります。

   (1) アクセス解析、広告配信サービスの利用のため、Cookie通じて情報収集をする場合があります。
   (2) Cookieは利用者のコンピュータ内に記録されますが、個人を特定するものは一切含まれません。Cookieを無効化したい利用者は、
         ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。
   (3) 但し、Cookieを無効化すると、運営者のサービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。

12  運営者は、個人情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものと し、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。

                                                                                                                                                                                                                     以上