【研究室日誌】子育ても相互理解です。

日曜日の朝、8amから1pmまで続いたオンラインミーティング。我が娘、6歳児は、長い時間放って置かれたフラストレーションを私にぶつけまくるわけで。同じく幼稚園児の子どもを持つ研究室メンバーがつぶやく。「Zoomの時間が長くなると、子ども、荒れるよね。でもその分、大好きをいっぱい言ってあげたらいいよね。」…ああ、そうなのです。マスターナンバー7を持ち、日の数字3を持つ母は思う。“いま、やりたい、と思うことに、いま時間を使いたい…。” 親子関係も、自己理解、他者理解、そして相互理解の上に成り立つ。お互いのリクエストに共感していこう。アンコンシャス2を持つ娘よ、明日はいつもよりいっぱい、あなたに大好き大好き大好き!を放ちますよー

関連記事

  1. 【研究室日誌】なぜ、Averyを学ぶのか?

  2. 【研究室日誌】チームビルディング。

  3. 【研究室日誌】Averyで出逢い、旅に出る。

  4. 【研究室日誌】引っ越しと家探し。